買い物依存症やギャンブル依存症など症状は様々

サイトメニュー

ストレスが原因の病気

カウンセリング

インターネットを利用したものも該当

ストレス発散方法として衝動買いなどで物を購入する行為は、人生のうちで一回くらいは経験している人が多いとされています。この衝動買いが本来の予算に反して増えていくと、お金を使ってしまう病気として知られる買い物依存症と認定されます。買い物依存症にかかる人が増加傾向にある理由としては、外出をしなくてもインターネット通販などで簡単に物が購入出来るようになったことも影響しているでしょう。また、お金を使ってしまう病気としてはギャンブル依存症も有名で、パチンコや競馬などに手持ちのお金を全て使ってしまう人は、この症状に該当しています。自分では辞めようとしても既に癖となってしまい、辞められなくなっている場合には、精神科や心療内科による治療が有効です。貯金を衝動的に下ろしてでも賭け事をしようとしたり、買い物をしたい気持ちが強い人は症状が酷くなる前に特に通院が必要です。気がついたら大金をつぎ込んでいたという状態になりやすいものとしては、スマホゲームの課金などもよくある症状として挙げられます。ゲーム攻略に必須ではないにも関わらず、キャクターや強い武器をコレクションをしたい欲求から、無理な課金をする人も増えています。自分がゲームのために用意していた金額を超えた場合には、ゲーム依存症になり始めていることを自覚して注意すると良いでしょう。これらの症状が頻繁に見られる人は、うつ病の症状も併発している可能性も高く、抗うつ剤なども服用しての治療が必要になることもあります。自分で無理に買い物や課金を制限しても衝動的に使ってしまうこともあり、医師のアドバイスをもらうことが大切です。

依存症と呼ばれるタイプの病気の特徴としては、思わずお金を使ってしまう病気であることで、衝動買いを防止するために入院して治療する施設もあります。この治療法はアルコール依存症などにも適用されており、規則正しい生活を起きることで依存している物事への習慣を断ち切ることができ有効な治療法とされています。入院中はこれまでお金を使ってしまう病気の原因となる物事から離れ、心のケアに役立つプログラムを受けるため徐々に依存症からの脱却が可能です。家族と相談の上で入院することになりますが、依存症が続くことにより発生する出費よりも、入院費用の方が安く済むことも多く人気です。まだ自分の心がけと処方される薬で治療出来ると診断された場合は、通院による治療で克服することも出来ます。自分では気付いていないストレスの原因が隠れていることもあり、細やかなカウンセリングが解決の糸口となるでしょう。スマホゲームやネットゲームへの課金に関しては、自分の中にある承認欲求やコレクション欲求が原因であることも珍しくありません。日常生活で認められないストレスを課金を通じて、ゲームの中で解消していることも多く、自分に自信を持つことが大切であると言えます。学校や会社での悩みやストレスを買い物や課金にぶつけている場合には、普段は言えない悩みを医師に相談するだけでもストレスが和らぎます。不眠の傾向がある場合や情緒不安がある場合には、睡眠薬や抗うつ剤を処方しながら別のストレス解消法を見つけるように治療していくことになるでしょう。一年半から二年ほどかけて通院することになるため、電車や車で通いやすい距離にある病院を見つけるようにしましょう。