買い物依存症やギャンブル依存症など症状は様々

サイトメニュー

浪費を治す

電卓とお金

お金を使ってしまうのは依存症が原因かも

感染したり発症したりすると、お金を使ってしまうようになる病気はないといえるでしょう。しかし、ギャンブルなどにはまって、生活に悪影響を及ぼしてしまうような状態ならば、それはお金を使ってしまう病気だといえます。もしも、自分がお金を使ってしまう病気だと感じているのなら、精神科を訪れて治療してもらうことを考えましょう。誰の力も借りずに自分だけで解決ができると考えるかもしれませんが、生活に悪影響を及ぼしているのなら難しい可能性が高いです。なぜならば、普通の状態ならば、生活に何かしらの影響を及ぼすまえに自制ができているはずだからです。一回や二回ならばまだしも、何度も必要な生活費に手を付けている状態ならば、やはり精神科のドクターの手を借りたほうがよいでしょう。心の病気の専門家であるドクターならば、お金を使ってしまう病気にも詳しいので、浪費をせずに済む以前の自分に戻してくれるでしょう。なお、過度にお金を使ってしまい、やめられないことは病気と認められているので、精神科では保険を利用した治療を行うことができます。そのため、病院やクリニックを訪れるのなら、忘れずに保険証を持っていくようにしましょう。ほとんどの人は三割負担で病気の治療を受けられるようになるので、浪費をしすぎて、お金があまりなくて困っている方も安心して通院できるはずです。ちなみに、精神科を利用する場合は治療費を一割まで減らせる精度があるので、さらにお金に困っているのなら、スタッフの方に相談して申し込むことを考えてみましょう。

お金を使ってしまう病気はいろいろあるので、自分が当てはまると感じているのなら治療を受けることを考えましょう。まず、もっとも有名なお金を使ってしまう病気は、やはりギャンブル依存症といえます。パチンコや競馬などさまざまなギャンブルがありますが、中毒性があるため、いつの間にかやめられなくなっている可能性があります。負けたらその分を取り返そうとして、さらにギャンブルにお金を使ってしまう方もいるはずです。そして、ギャンブルをしなくても、買い物依存症(正式には病名ではありません)でも、お金をたくさん使ってしまうことがあります。買い物をするのが楽しくなって、必要ではないものもついつい購入してしまう状況ならば注意が必要です。普通の買い物では欲しいものを買うのが目的ですが、依存症だと買い物という行為自体が目的になっているかもしれません。すでに借金をしてまでギャンブルや買い物をしているというのならすでに危険な状態といえるでしょう。借金が増えて身動きが取れなくなる前に、適切な治療をして、無駄遣いをしなくても住む生活に戻るべきです。もしも、これらのお金を使ってしまう病気を治したいと考えているのなら、依存症の専門外来がある医療施設で診てもらうのがよいでしょう。普通の精神科を訪れても診てもらえますが、よりスペシャリストなのが依存症外来なので、近くにあるのなら第一候補として考えましょう。ちなみに、依存症外来はアルコール依存や薬物依存などにも対応しているため、それらにも困っているのなら相談してみることをおすすめします。